カードローンの利用限度額はどう決まるのか

カードローンの限度額は、その人の返済能力次第で決定されます。一応、申し込み条件欄に、具体的に融資が可能な額が記されていますが、1万円から500万円といったように、その幅は広く記載されています。誰でもマックスの利用限度額が設定されることはなく、それぞれの収入や他社利用状況などによって、見合った額が設定されます。ただし、注意が必要なのは、消費者金融系と銀行系のカードローンの上限枠には違いがあります。前者の場合、総量規制に服しますので、年収の3分の1がマックスになります。それ以上を超えて借りることはできません。後者はその規制が存在しないため、審査次第ではそれ以上借りることもできます。また、利息も消費者金融系と比較すると数パーセント低くなっている点に特徴があります。ただし、その分審査が厳しめで、結局は年収の3分の1以上は借りられないということもあります。したがって、あくまで特徴として覚えておくようにしましょう。
紛らわしいのが、グループの中で、両方の形態が存在するところがあるという点です。例えば、オリックスにはクレジット系の企業と銀行があります。そのため、同じようなサービスを提供している同じような名前の会社でも、前者は総量規制の対象となり、後者はなりません。勘違いしていると後で驚くことになってしまいますので、きちんと、どちらのタイプかは確認しておくべきです。また、ローンやキャッシングを利用する場合は、体験談を参考にするなど、よく情報を集めておきましょう。